toggle
2020-01-12

気分屋な人との付き合い方

スポンサーリンク
気分屋な人との付き合い方-アイキャッチ

気分屋な人っていますよね。怒りっぽくて機嫌が良い時はいいんだけど、気に入らないことがあったりちょっと気分が悪くなると、周りに当たり散らしたり…。

家族やパートナー、上司など、近くにいる場合もありますよね

今回の記事が、そんな気分屋な人との付き合い方のヒントとなれば幸いです。

【はじめに】始めは振り回されて大変だった

いつも、おつかれさま。

私が何故、この記事を書こうと思ったのか?
それは、私自身が同じ経験をしてきたからなんですね…。

始めは毎回相手の気分に振り回されて、本当に大変でした。今は大丈夫なんですけど、それは様々なやりとりを繰り返していくうちに、色々わかってきたからだと思います。

どう接したらいいんだろう?と考えるあなたの力になりたくて、この記事を書くことにしました

少しでも、あなたの気持ちが楽になりますように。
ゆったりと楽にして、あたたかいものでも飲みながらお読みください。

【結論】気にしなくて大丈夫

気にしなくて大丈夫

まず、最初に伝えたいことはこれなんです。

気にしないでほしい。

それができないから困ってるんだよ!そんな声が聞こえてきそうです。…わかります。気になりますし、気にしちゃいますよね?

何故気にしなくていいのかということを、順番に解説していきます。

私が言いたいのは、その人の機嫌が悪いのは、あなたのせいじゃないよということ

確かに、あなたが何かしらの失敗(相手にとっては)をしたことで、目の前の人が不機嫌になるようなスイッチを押してしまったのかもしれません。

そうだとしても、人間誰しも間違いはあるもので、失敗しながらみんな生きていて、お互い様だと思うんです。

私も失敗ばっかりです

職場など、ミスが損害につながる場合でなければ「私が〇〇だったから、いけないんだ…。ごめんなさい」などと必要以上に落ち込むことはありません。

気分屋な人は怒ることでストレスや不安を発散させているだけで、相手への批難が目的ではない

怒りっぽい人のストレスが溜まりに溜まっている場合、怒りを発散させる為に、そんな大したことではないのにちょっとしたことで、烈火のごとく怒りをぶつけてくることがあります。

すごく疲れていたり余裕がないせいで、近くにいる人や甘えられる相手に、八つ当たりしてしまうんですね

八つ当たりされた方はたまらないんですけど、その仕組みをわかっていたら、

「私が駄目だから…」と変に縮こまることはなくて、相手はすごく疲れているんだなとか、頑張ってて余裕がないんだなって思いやることもできますよね。

相手を変えようとするのではなく、理解して、愛情や思いやりで支えることはできる

または日頃の不安から、ついネガティブな発言が多くなってしまうだけだったりもします。そういう不安や心配を、軽くする手助けはできても、頭の中から他人が消してあげる魔法のようなことはできないんです。

本人が抱くこうありたい・こうなっていたい理想と、現実にギャップがある場合も、自己肯定感が下がってしまい、自分を責めるだけでなく、イライラして周りの人を攻撃するケースもあります。

近くにいる相手ほど、今はそういう時期なんだなって見守る強さも必要です。

そばにいると、自然と心が鍛えられるんですよね(笑)

人生って、いい時もあればちょっと踏ん張らないといけない時もあって、それが自分にとって大切な人ならば、一緒に乗り越えていけたらベストですよね。

想いって言葉にしなくても、どう思っているかとかエネルギーとして相手に伝わるものがあるなって感じます。だから、自分から愛をもって接していきましょ。

そうすることで、相手の不安を少しずつ少しずつ、溶かしていくイメージです。

【一番大事なこと】暴言を吐かれても、あなたの価値は揺らがない

あなたの素晴らしさは揺るがない

不機嫌な時に何を言われるかは相手によって異なると思うんですけど、言われた内容をまともに食らってしまって、深く傷つくのはやめましょう。

あなたは素晴らしい、大切な存在です。
それに、その気分屋なあの人だって、素晴らしい、大切な存在なんです。

なんかものすごい綺麗ごとに聞こえるかもしれないんですけど、この感覚が自分の中で腑に落ちていれば、相手の言葉の鋭さには傷つきにくくなります

何故かというと、例えば「馬鹿」って言われたとしますよね。

その反応として「本当に私って馬鹿だ…」とショックを受けるのと「そんな風に言われたけど、私は馬鹿じゃないことを知っている。私も、この人も、素晴らしい存在である」と冷静に受けとめられるのとでは、ダメージに大きな差が出てくるのがわかるでしょうか。

この言葉は別に相手に反論として言う必要はなくて(相手がヒートアップすると言い合いになるから)、自分自身がしっかりとわかっていれば大丈夫です。

傷つくなって言っているわけではないんです。痛いときは痛いし、泣いても怒っても自然な反応ですし…

嘘をつけということでもなくて、思ったことを1から10まで、全部何もかも話す必要はないですよね。

どんな言葉にエネルギーを与えるか?与えたいのか?私たちの意思で選んで、意識的に生きていきましょう。言葉は、すごく力を持っています。

対処法|機嫌が悪い時はそっとしておこう

不機嫌な猫、うかがう猫

実際に相手が不機嫌になった時、こちらはどう対応すればいいでしょうか。
不機嫌な人には、必要以上に反応をうかがわなくてもいいんです。

まだ怒ってるかな?私がいけなかったのかな?もっと違う言葉で謝ればいいのかな…

思い悩んでLINEを送信。無視ならまだマシで、更に不機嫌爆弾が返ってくる…。送らなきゃ良かった!なんて、そんなの疲れちゃいますよね。

放っておけば気分も落ちつきますので、こんな時はそっとしておきましょう。

それが30分なのか、数日なのかはわかりませんが、相手の気が済むまで見守りましょう。待つことも大切です。

無理やり構うことで、相手のイライラを刺激するのを回避します。

対処法|物理的に離れる、距離を取ろう

ちょっと離れてみよう
  • 職場の場合…席を離れる。トイレに行く。
  • 家庭の場合…部屋を移動する。外に出る。

これは簡単にできるけれどすごく大切なアクションで、自分から空気を変えていきましょう。用を足さなくても、嫌なエネルギーを洗い流すイメージを思い浮かべながら手を洗うと、水と一緒に気持ち悪さが軽くなっていきます。

その場でじっと、変な空気に耐える必要はありません

無理やり自分を納得させようとしなくて良い

理不尽なことが起こった時に、「でも〇〇さんは、いい人で…」と思い込もうとするけど、どこか納得がいっていなくてモヤモヤするタイプもいると思うのですが、いい人もいるけど、全員が善人ってわけじゃない。

「いや〜、ほんと腹立つなぁ!」って、怒ったり悲しんだりする自由を自分に許してくださいね

これは無意識にやっている人はクセになっていて自覚しづらいのですが、第三者に話したりすると「そんなに我慢しなくていいんじゃない?」なんて言われて、初めて気づいたり…。

本当にね、そういう我慢はいらないので離れられるなら離れた方がいいです。
お互い大切にし合える関係を築いていきましょう。

大好きだから、気になるところもあるけど一緒にいる!

自分が心から納得していて、選んでいることなら我が道を進んでください。オススメはしませんけど(笑)、応援しています!

対処法|自分は堂々といつも通りに過ごそう

小さくならないで

相手の気分が下がっているからといって、こちらまで落ち込んだり、萎縮する必要はまったくないんです。

他人を変えることはできませんが、自分の心は、自分でコントロールすることができます。

いい気分でいることも、ずっと落ち込んでいることも、私は私の気分を選択することができるんです。

あ、私の心は平和を選べるんだ

当たり前のことなんですけど、そのことに気づいた時はホッとしました。それなら私、大丈夫じゃん!!とわかったので…。

なんていうのかな。こちらが普通にフラットに過ごすことが、相手にとっても救いになったり癒しになったり、慰めになったりしてると思うんですよ。

実際に言われたわけではない(多分言われないな。笑)のですが、例えば「相手が不機嫌だからこっちも不機嫌になってやる!」みたいな考え方だと、空気がすごくギスギスしますし、張り合うみたいで疲れてしまう。

ただ幸せに過ごしたいだけで、勝ち負けを争いたいわけじゃないですよね。

だから、萎縮したり不機嫌になったりするんじゃなくて、私は普通に私でいようって在り方を決めるんです。

あなたも、あなたのままでいてください。自分のためにも、相手のためにも。

自分の感情を無視するのではなく、気持ちを切り替えよう

それって、相手に八つ当たりされても冷静でいろってこと?無理なんだけど!こっちだってムカつくわ

読みながら、そんな風に感じた方もいらっしゃるかもしれません。

自分の感情を無視してしまうと、感覚が麻痺してどんどん自分がわからなくなってしまうので、ムカついたり腹が立ったり、悲しむのはそのままに、素直に自分の感情を感じてくださいね。

ずっとそれを引きずったままにしておくのではなくて、自分の気が済んだら、気持ちを前向きに切り替えていきましょう

誰かに話を聞いてもらうのもいいですし、日記を書くのでもいい。自分なりに昇華して、悶々とした気持ちのまま過ごすのはやめにしませんか?

対処法|一人で抱え込まず、誰かに話を聞いてもらおう

誰かに話してみよう

生きてると色々ありますよね〜。つらいことは全部自分だけで抱えて、悩まないでくださいね。周りの信頼できる人に、話を聞いてもらいましょう。

色々アドバイスされるかもしれません。最終的に、

その職場もう辞めたら?もっといいところあるよ

そんな人、別れた方がいいよ…

これを言われた時の、自分の感情に注目してください。

そうだよね…。もう辞めて、新しいとこ探すよ

手放す気持ちが強いのか、それとも、

…ううん、まだ諦めないよ。もう少し頑張ってみる!

前向きな気持ちの方が強いのかで、揺らいでいる自分の心の本音が見えてきます。自分の想いは、しっかり自覚しておきましょうね。

【おわりに】自分はその人と、どんな関係を築いていきたいのか?

未来を描こう!
「私はこの人とどんな関係を築いていきたいのか」が明確になっているなら、何かあった時はそこに立ち返って、自分の素直な想いを大切にしましょう。

自分にも他人にも、良いところもあればどうかなって思うところもあります。

相手のこういうところが嫌だから変わってほしいと願っても、他人をコントロールすることはできません。

簡単には変わらないけど、変わらないものなんてなくて、期待せず、希望は忘れず。愛をもって、自分らしくあり続けることが大切です。

理想論や綺麗ごとかもしれませんが、現実的に考えると、私はこういう結論に落ちつきました

色んな人がいます。気分屋っていうのもその人の今の個性の一つで、どうすればお互いに気持ちよく過ごせるのか?

あなたが、そのヒントを見つけて穏やかに過ごせることを願っています。

【関連記事】参考になりそうなものを集めました

スポンサーリンク
関連記事